誰でも理解できる!QUOINEXの登録方法

QUOINEX口座開設

「仮想通貨取引を始めて見たいけど、どうすれば良いのか全くわからない」
あなたは今、そうお考えではありませんか?

最近話題になっている仮想通貨ですが、手に入れるためには取引所に口座を開設しないといけなかったり、手続きに手間がかかってしまいます。そのため、興味はあるけど忙しくて始めていないという方や、手続きが難しくて理解できず始められないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、取引所の口座開設は、実はそこまで難しいものではありません。手続きをしてから実際に取引を始められるようになるまでは、数日〜数週間かかることもありますが、正しい手順で手続きを進めていけば、口座開設の申請自体は数十分で終わります。

そこでこの記事では、取引所の一つであるQUOINEXについて、口座の開設方法を解説していきます。パソコンが苦手な方や仮想通貨投資をこれから行う方が疑問に思うことも細かく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

QUOINEXで仮想通過の取引を始めるためには、以下の手順で口座を開設する必要があります。

(1)仮登録

(2)本人確認書類の提出

(3)2段階認証設定

仮登録

1、 QUOINEXホームページhttps://ja.quoinex.com/へアクセスします。

2、「口座開設無料はこちら」ボタンをクリックして、アカウント登録画面へ進みます。
または、ログインをクリックしてログイン画面右下の「無料新規登録はこちら」をクリックして、アカウント登録画面へ進んでください。

QUOINEX口座登録

※「ログイン」をクリックした場合

QUOINEX口座開設

3、居住地国を選択する画面が出てきますので、登録し、次へをクリックします。

QUOINEX口座開設

4、 口座情報の詳細を入力します。以下の内容を入力して、「次へ」をクリックしてください。

・個人か法人の選択

QUOINEXのアカウントには、個人ではなく法人であっても登録することができます。それぞれ本人確認の際の提出書類が異なりますので、間違えないようにしましょう。

・メールアドレス

メールアドレスを入力します。有効なメールアドレスであればなんでも良いのですが、これから複数の取引所にアカウントを登録しようと考えているのであれば、仮想通貨専用のメールアドレスを作成することをお勧めします。その理由は、仮想通貨関連のメールが他のメールに埋もれてしまう可能性が無くなるため、大事なメールを見逃してしまうリスクを減らせるからです。また、専用のメールアドレスを確認すれば、仮想通貨関連のやりとりを見ることができるのでメールを調べる時も簡単です。

私の場合は、Gmailを新しく作成しました。Gmailの場合、スマホで複数のアカウントを簡単に管理ができるのおすすめです。
Gmailのアドレスを新しく作成する方法はこちら

また、携帯のメールアドレスにメールを転送する設定を行って情報をすぐに確認できる環境を作っています。
Gmailを携帯のメールアドレスに転送する設定はこちら

・パスワード

パスワードは、8文字以上、大文字・小文字・数字の全てを含んでいる必要があります。簡単には推測されないような強力なパスワードが望ましいです。

・確約事項のチェック

確約事項は、「日本以外に居住地国がないこと」「米国納税義務がないこと」の二つです。この二つの要件を満たしているのであればチェックをしましょう。

・個人情報

個人情報は、氏名、生年月日、性別、国籍等を入力します。間違いがないようにしっかりと確認するようにしましょう。

・連絡先

住所、電話番号を入力します。連絡先については、携帯電話の番号を登録するようにしましょう。その方が、後で二段階認証をする際に便利だからです。

・職業

職業を選択肢の中から選択します。学生の人でアルバイトや自営業をしている場合は、「パート・アルバイト・派遣・契約」または「自営業」を選択してください。

財務情報・投資経験 

「主な収入源」「年収」「投資可能資産」「投資目的」「投資経験」について、それぞれ選択肢の中から選択します。「主な収入源」「年収」「投資可能資産」「投資目的」は、それぞれ自分に当てはまる選択肢を選べば良いだけなのですが、「投資経験」は、FX・CFD取引、現物株式、信用株式、先物オプション、商品先物の全てについて自分の投資経験年数を選択しなければなりません。これまでに投資の経験は無いという人は、全ての項目について、「1年未満」を選択しましょう。

QUOINEX口座開設

5、次に、各種規定の確認、承諾を行います。「書面の電磁的方法による交付等取扱規程」と1~7を読み、それぞれ「同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリックして下さい。

QUOINEX口座開設

以上で、仮登録は完了です。次の画面が表示され、登録したメールアドレスに確認メールが送信されます。メール中のURLをクリックすることで認証が完了し、登録したメールアドレスとパスワードでログインが可能になります。

QUOINEX口座開設

この段階ではまだ仮登録ですので、取引を始めることはできません。引き続き、本人確認書類の提出を行いましょう。本人確認書類の提出は「ホーム」>「プロフィール&口座開設状況」から行うことができます。

【確認メールが届かない場合の対処方法】

迷惑メール防止機能によって迷惑メールと間違われている可能性がありますので迷惑メールのフォルダに届いてないか確認しましょう。迷惑メールのフォルダにも届いていない場合は、登録したメールアドレスが間違っていた可能性がありますので、再度メールアドレスを登録し直してください。

本人確認書類提出

1、本人確認書類の提出は「ホーム」>「プロフィール&口座開設状況」より行います。

QUOINEX口座開設

2、以下のような画面が表示されます。現時点ではまだ書類は提出していないので、ステータスは「書類提出前」となっています。

※本人確認書類は、名前と住所等が確認できる書類をカメラで撮影し、それをWeb上にアップロードして行います。パソコンから提出を行う場合は、撮影した写真のファイルをパソコンの中に保存しておきましょう。

QUOINEX口座開設

【注意点】

写真を撮影する際には、書類の全体が映るようにしましょう。また、照明の反射等で書類の一部が見えなくなっていないかも確認するようにしましょう。出来るだけ明るい場所で、カメラのフラッシュをOFFにすると綺麗に撮れやすくなります。

3、”ファイルを選択”ボタンで必要書類の画像を選択後、「本人確認書類をアップロードする」をクリックしてください。アップロードが完了するとステータスが「書類審査中」に変わります。

4、提出書類には「運転免許証」「住民基本台帳カード」「個人番号カード」「パスポート」等が利用できます。これらの本人確認書類が無い場合は、健康保険証や住民票など2種類を組み合わせる事で確認を行う事ができます。

アップロードが完了すると、ステータスが「書類審査中」に変わります。

5、 その後、QUOINE担当部署により、提出された本人確認書類が確認され、内容に問題なければ、郵送物が発送されます。

6、郵送物を受け取ったら、QUOINEXが受取り確認をおこないます。これが完了すれば、アカウント承認となり、全ての取引を行うことができるようになります。

2段階認証設定

QUOINEXでは、セキュリティーを強固にするため二段階認証を利用することができます。これを利用すると、ログイン時に必要となるメールアドレスやパスワードの他に、専用のアプリを通じて一時的に生成されるセキュリティーコードも併せて入力する必要があります。以下、設定方法を解説します。

1、Google Authenticatorというアプリをダウンロードし、インストールして下さい。
携帯電話からGoogle Authenticatorを開き、アカウント開設の手順に従ってご登録してください。

Google Authenticatorのダウンロードする方法はこちら
iphoneはこちらから

Androidはこちらから

2、QUOINEXにログインし、左上のメニューから「設定」をクリックし、「二段階認証」へと進みます。

QUOINEX口座開設

4、以下のような画面が表示されますので、先ほどのアプリを起動し、QRコードの読み取るか、テキストコードをアプリに入力します。

QUOINEX口座開設

5、その後、アプリ側で生成された6桁の数字を、入力します。

これで、二段階認証の設定は完了です。ログインするたびにアプリを起動するのは少し面倒かもしれませんが、これを行うことでセキュリティを高めることができるので、ぜひ利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です