今話題のICO!って儲かるの?

イーサリアム ICO

ICOって聞いたことありますか?

仮想通貨元年であった2017年、ICOも大きく流行りました。

大きく資産を増やした人も多く、メディアで取り上げられるのはそういった成功事例ばかり。

 

そんなに楽に稼げるならICOに投資してみたい、、、

と思った方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ICO投資のメリットデメリットについてまとめています。

 

ICOは当たった時のリターンは大きいです。

現在、時価総額ランキング2位のイーサリアムも3年前にICOで発行されました。

 

ただそういったプラスの面だけではなくマイナス面も理解していただきたい!

そういった思いで、この記事を書いています。

 

ICOに対して正しく理解していただいたうえで、投資できるようになれば嬉しいです。

 

ICOとは?

ICOはInitial Coin Offeringと言って、

会社が新しいプロジェクトを実行する際に、そのプロジェクトで使われる仮想通貨を

事前販売して、資金調達する手法のことを指します。

「クラウドセール」「プレセール」「トークンセール」とも呼ばれています。

 

株式のIPOと似ています。

IPOの場合、間に証券会社が入るため、厳正な審査が行われますが、

ICOの場合、現状それがありません。

そのため、運営としても資金調達を行いやすい反面、実現性のないプロジェクトでも

ICOで資金調達できてしまい、投資者が損をするというリスクがあります。

 

ICOに参加する方法

ICOでの購入ははビットコイン、イーサリアムを利用することが多いです。

大まかな流れは以下です。

  1. ICO公式サイトでメールアドレス登録(仮登録)
  2. 本人確認(本登録)
  3. プロジェクト側が支払い用のアドレスを提示
  4. 提示されたアドレスに送金
  5. トークン受け取り
ICOの参加手順

トークン受け取りの際、

こちらが送金時に利用したウォレットにそのままトークンを送ってくるパターンと

送金後、トークン受け取り用のアドレスの提示を求められるパターン

の2種類が存在します。

このトークンを受け取ったらICO参加完了です。

あとはそのトークンが取引所に上場するのを待つのみです。

 

ICO調達資金額ランキング

ICOで調達している金額が多いほど、多くの人が期待しているプロジェクトと言えます。

第5位 Bancor   1.53億ドル

第4位 Paragon 1.83億ドル

第3位 EOS   2.00億ドル

第2位 Tezos   2.36億ドル

第1位 Filecoin  2.57億ドル

※参考「【ランキング】ICO調達金額のTOP5を発表

 

ICOに参加するメリット

ICOに参加するメリットはコインの値上がりです。

参加したICOのプロジェクトが成功=コインが実需で価値を持つことで

コインは大きく値上がりします。

ICO参加者は安値でコインを買っているので、差額がそのまま利益ということになります。

 

時価総額ランキング2位に位置付けているイーサリアムも最初はICOで資金調達が行われていました。

ICOの最初の価格は 1ETH=26円

そのイーサリアムがいまや、ビットコインに次ぐ位置づけで 1ETH=65,000円 。
(2018年3月現在

プレセールから 2500倍 です!!

当時10万円分のイーサリアムを買っていれば、今頃は2億5千万円に。。。。

 

イーサリアムの価格推移

これ以外にもFactomもICO時:20円 から現在価格:2,500円 まで高騰しています。

こう考えるとICOって一発当てればかなり大きいんじゃないの?ともう方も多いと思います。

 

そうです!一発当てればでかいです!!ただその一発がなかなか当たらないのがICOの世界です。

 

ICOに参加するデメリット

ICOは先述の通り、第三者機関による審査等はありません。

つまり誰でも資金調達できてしまうのです。

そのため、プロジェクト自体が頓挫してしまう場合や、ひどい時は資金調達だけして逃げるなどの

詐欺ICOも存在します。

最近よく聞くのが ICO割れ という単語。

これはICOで買ったコインが上場後、ICOの購入価格より安い価格で取引されてる現象を指します。

特に2018年に入って仮想通貨市場全体が冷え込んでいることもあり、

ほとんどのICOがICO割れしています。

ICO後、大きく発展していく通貨は全体の1割未満ともいわれています。

 

購入したトークンに期待した値段がつかない、あるいは売ることさえできないことが多い。

それがICOに参加した際のデメリットです。

 

 

ICOには参加すべきか?

ICOに参加する際に気を付けることはそのプロジェクトが成功するかの見極めです。

ですが、この見極めは初心者には非常に困難です。

人が多く集まるから、金額が多く集まるから成功するとも限りません。

そして、人気があるICOは一人当たりの購入額が制限されているため、

ICOで大きく稼ぐことは困難になったと言えます。

 

投機と言われる仮想通貨市場。

ICOはその中でも運要素が最も大きいギャンブルといえます。

○○さんが言ってたから~
ネットの評判がよかったから~

等の安易な理由で参加すると間違いなく資産を失います。

気になるICOがある場合は自分でホワイトぺーパーを読んで、

開発者コミュニティに参加して情報収集を行ったうえで、

余剰資金で参加されることをお勧めします。

 

まとめ

ICOの概要、メリット・デメリットについて説明しました。

ICOは仮想通貨熟練者でも見極めが難しく、資産を失う可能性が高いです。

しかし、その分当たった時のリターンも大きいです。

大事なのは「自分で調べる」ということ。

人から聞いた知識で判断するのではなく、自分で情報を得ることで

例えそのICOで失敗しても、経験として次に活かせます。

ICOは決して楽に稼げるものではないですが、全く稼げないものではありません。

それを理解していただいたうえでICOに取り組みましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です