仮想通貨投資の初心者には販売所がおすすめ!GMOコインの口座開設方法

GMOコイン口座開設

「仮想通貨を買ってみたいけど、取引所で買うのって、何か難しそう。」

あなたは今、そうお考えではありませんか?
確かに、取引所では仮想通貨の価格は常に変動しており、実際に買うための注文をしたとしても、想定より高い金額で買うことになってしまうということはよくあります。一方、販売所では、取引所を利用するよりも購入価格は高くなってしまいますが、ある程度価格は安定しており、比較的短時間で売買が成立します。

つまり、仮想通貨投資を始めたばかりの人や、手軽にすぐ仮想通貨を手に入れたいという人は、販売所を利用したほうが良いということになります。
そこで、この記事では、仮想通貨販売所であるGMOコインについて、口座の開設方法を紹介しようと思います。

GMOコインは、2017年に運営が開始された、比較的新しい国内の大手仮想通貨販売所です。仮想通貨の入金・出金・取引手数料は全て無料であるため、手数料を安く済ませることが出来ます。
GMOコインには、「仮口座」と「口座」の2種類の口座があります。仮口座では、仮想通貨の預入と送付のみができ、口座では、預入と送付のほか、日本円の入出金や仮想通貨の売買等を行うことが出来ます。そのため、GMOコインで仮想通貨の売買をするためには、まず仮口座を開設し、その後、口座を開設しなければなりません。

そこでこの記事では、まず仮口座の開設方法を解説し、その後、口座の開設方法を解説していきます。難しそうに聞こえるかもしれませんが、パソコンが苦手な方や仮想通貨投資をこれから行う方が疑問に思うことも細かく解説しています。是非参考にしてみてください。皆さんのお役に立てればと思います。

仮口座開設

仮口座の開設は、以下の3つのステップで行います。

①メールアドレスの登録
②確認メール受信
③パスワード登録

メールアドレスの登録

1、公式サイトのトップページへアクセスします。
https://coin.z.com/jp/index.html

2、[無料口座開設]をクリックします。
GMOコイン口座開設

3、メールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェックをして、「無料口座開設」をクリックします。
GMOコイン口座開設

【仮想通貨投資を円滑に行うポイント】

私の場合は、仮想通貨専用のメールアドレスを作成しました。
その理由は、仮想通貨関連のメールがほかのメールに埋もれてしまう可能性が無くなるからです。大事なメールを見逃してしまうリスクを減らすためでもあります。また、専用のメールアドレスを確認すれば、仮想通貨関連のやりとりを見ることができるのでメールを調べる時も簡単です。

私の場合は、Gmailを新しく作成しました。Gmailの場合、スマホで複数のアカウントを簡単に管理ができるのでおすすめです。
Gmailのアドレスを新しく作成する方法はこちら

また、携帯のメールアドレスにメールを転送する設定を行って情報をすぐに確認できる環境も作っています。
Gmailを携帯のメールアドレスに転送する設定はこちら

自動返信メールの受信

1、登録したメールアドレスに自動返信メールが届きます。
2、以下のようなメール文章が届くので、記載されたURLをクリックします。

GMOコイン口座開設

3、URLをクリックしたら、下記の画面が表示されますので、「GMOコインサービス基本約款」を確認し、パスワードを設定してください。

パスワード登録

GMOコイン口座開設

【大事なポイント】

パスワードは、入力すると強度が表示されます。取引所のパスワードは複雑な方がセキュリティが高くなります。
簡単なパスワードですと、ハッキングされやすくなるので注意してください。セキュリティの高いパスワードにするためには、

・パスワードの文字数は多くする 10文字以上で設定する
・英数字の半角で小文字と大文字と数字と記号を組み合わせて作る

【パスワードの管理がセキュリティを高めるポイント】

最後にパスワードを忘れてしまうとログインができなくなります。
スマホに写真を撮影して残している方もいらっしゃいますがスマホが乗っ取られた際にパスワードが分かってしまうので、紙にメモを残しておくことが大切です。しっかりと無くさないようにメモをとりましょう。

これで「仮口座」の開設は完了です。この時点ではまだ仮想通貨の取引等はできず、ビットコインのご送付・預入のみができる状態です。

口座開設

パスワードを設定して仮口座を開設すると、以下の画面が表示されますので、[口座を開設する]をクリックします。
GMOコイン口座開設

口座開設は、次の4ステップで行います。

①個人情報登録
②本人確認書類提出と郵送物受け取り
③郵送書類のコード入力
④2段階認証設定

個人情報登録

1、個人情報の登録が求められますので、名前、住所、電話番号等の必要事項を入力し、「確認画面へ」をクリックします。

GMOコイン口座開設 GMOコイン口座開設

【大事なポイント】

後で提出する本人確認書類と同じ表記で入力してください。
電話番号は、固定電話ではなく携帯電話の番号を登録することをおすすめします。あとで2段階認証をする際にその方が便利だからです。

本人確認と郵送物の受け取り

次に、本人確認書類の提出を行います。

本人確認には2つの方法があります。一つ目は、「a.本人確認書類の画像をウェブにアップロードする方法」、二つ目は、「b.配送業者に本人確認書類を提出する『対面』という方法」です。

いずれか一つ、好きな方法を選びましょう。この記事では、比較的手軽にできる「a.本人確認書類の画像をウェブにアップロードする方法」をお勧めします。

GMOコイン口座開設

a.本人確認書類の画像をウェブにアップロードする方法

1、本人確認方法の選択画面で、[本人確認書類の画像をアップロード]をクリックします。
2、提出する本人確認書類を選択します。

【利用可能書類】

運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)、各種健康保険証、パスポード(日本国が発行する旅券)、住民票の写し、在留カード、特別永住者証明書

GMOコイン口座開設

 

3、①~⑤の指示に従い、本人確認書類の表面・裏面の画像をそれぞれアップロードします。
4、[画像を確定する]をクリックします。

 

GMOコイン口座開設

5、後日、佐川急便から「口座開設のお知らせ」が届きますので、それを受け取ります。

b.配送業者に本人確認書類を提出する方法

この記事を読んでいる人の中には、ウェブ上に本人確認書類をアップロードするのは不安だという人もいるでしょう。そのような人には、こちらの方法をお勧めします。

1、本人確認方法の選択画面で、 [受取時に本人確認をする]をクリックします。

2、後日、佐川急便から「口座開設のお知らせ」が届きます。それを受け取る際、配送業者に本人確認書類を提示します。提示しないと「口座開設のお知らせ」を受け取ることはできません。

【利用可能書類】

運転免許証、個人番号カード(マイナンバーカード)、パスポート、在留カード、特別永住者証明書

郵送コード入力

1、受け取った「口座開設のお知らせ」に記載されている、口座開設コードを確認します。

2、ログインし、会員ホーム画面に口座開設コードを入力し、[口座開設]をクリックします。

GMOコイン口座開設

2段階認証設定

次に、2段階認証の設定を行います。2段階認証とは、ログインするときのパスワードに加え、一時的に使用可能な認証コードによる確認を行うことで、より口座を安全にするためのしくみです。「アプリによる認証」「SMSによる認証」「お電話による認証」の3種類の方法を利用することが出来ますが、この記事ではSMSによる方法とお電話による方法の2つを解説します。

1、ログインし、[口座情報]>[セキュリティ]>[2段階認証]をクリックします。

2、②の個人情報入力のときに携帯電話番号を登録した人は[SMS]をクリックし、固定電話番号を登録した人は[お電話]をクリックします。

GMOコイン口座開設

3、[SMS]または[お電話]をクリックすると、以下のような画面が表示されます。[SMS]をクリックした人は携帯電話にSMSが送信されます。[お電話]をクリックした人は、固定電話に電話がかかってきて、認証コードが音声で伝えられます。

GMOコイン口座開設

4、上の画面に認証コードを入力し、[認証する]をクリックすれば、2段階認証の登録は完了です。

以上で、GMOコインの口座開設の手続きは完了となります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です