ビットコインの仕組みをわかりやすく図解!仮想通貨が儲かる3つの理由とは?

ビットコインの仕組みを解説

ビットコイン、仮想通貨、、

ここ最近急にこれらのワードをテレビで見る機会が増えた人も多いと思います。

ビットコイン、なんなのかわかりますか?

 

よく聞くけど、仕組みを解説してくれるメディアはほとんどありません。

どのメディアもどれだけ儲かった、何か事件が起きた、といった内容ばかりで

仮想通貨の本質に触れることはほとんどありません。

 

この記事では、最近のニュースではなく、そもそもビットコインが作られた目的、特徴

そして、それも実現するブロックチェーンという技術について解説していきます。

 

そもそもビットコインで用いられているブロックチェーンという技術は

インターネットに並ぶ革命だと言われており、

今までの常識では計り知れないような可能性を秘めています。

 

その原理・仕組みを理解することで、ビットコインの可能性を感じてください。

それが仮想通貨を知ることの第一歩であり、

仮想通貨で資産運用するためのスタートラインでもあります。

 

今回はビットコインの役割、その原理・仕組み、そして将来価格について書いていきます。

この記事を読んで、ビットコイン・仮想通貨の可能性を感じていただければ幸いです。

 

ビットコインとは?

ビットコインや仮想通貨の本質について

ビットコインは一言で言うなら世界共通通貨です。

「どこでもどこへでも」「短時間で」「安い手数料で」送金することができます。

 

今まで利用していたドル、円、ユーロなどの法定通貨の場合、

海外送金する場合には、多くの銀行を経由して送金する必要がありました。

そのため、銀行ごとに事務手続きが入りそのたびに手数料を足られるので

時間はかかるし、手数料も多く持っていかれてしまいます。

銀行送金の問題点

 

それも解決するのはビットコインです!

ビットコインを送金する場合は、QRコードを読んで送信するだけで相手の口座に送信できます。

しかも、銀行等の金融機関を介することはないので、送金にかかる時間は最短10分です。

ビットコイン送金の利点

これを実現しているのがブロックチェーンという技術です。

 

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは一言でいえば「分散管理台帳」のことです。

ビットコインとは違ってとっつきにくい言葉ですよね(^-^;

台帳の意味

台帳は取引履歴のことを指します。

「AさんからBさんへ〇〇円送金した」という記録です。

今までの金融の仕組みの場合は、このような取引履歴は銀行により一元管理されていました。

それを分散管理、つまりみんなで管理しているのがブロックチェーンです。

分散管理台帳

 

ブロックチェーン上の取引履歴は誰でも閲覧可能です。

台帳の更新はネットワークに参加している人全員で実施します。

この台帳の更新をマイニングと言います。

このマイニングが新しいビットコインを生み出す唯一の仕組みです。
また、ビットコインの発行枚数は2,100万枚と上限値が決まっており、
それ以上発行されることはありません。

 

ハッキング・改ざんされないのか?

ビットコインの送金は世界中のいたるところで行われており、その数は膨大なものです。

それを1回の送金ごとに台帳を更新していたら、更新回数も膨大になります。

そのため、台帳の更新は一定時間分の処理をまとめて更新します。

この塊をブロックと呼びます。

 

ブロック

 

そして、台帳更新時には過去の取引との整合性を確認しながらで台帳の更新を行います。

そのため、ブロックは次のブロックとつながり、さらにその次のブロックとつながる。

これがブロックチェーンと言われる所以です。

ブロックチェーン

この「過去のデータとつながっている」「誰でも閲覧できる」という仕組みがあるため、

ブロックチェーン上のデータの改ざんはできません。
(ネットワーク上の51%以上の賛成があればデータの改ざんは可能ですが、
現実問題ほぼ不可能です。)

 

 

ビットコインの価格は今後どうなるか?

ブロックチェーンの技術により、ビットコインが本当に世界共通通貨になるのであれば、

その価格はどうなるのか?シミュレーションしてみました。

通貨として考えるなら

世界の通貨供給量はドル、ユーロ、円を合わせると4500兆円です。(2017年9月時点)

これらをすべて置き換わるのは現実的ではないにしても、5%ぐらいなら十分に可能性はあると思いませんか?

 

それをビットコインの総発行量2100万枚で割ると、到達価格が見えてきます。

4500兆円×5%÷2100万枚≒1000万円

 

金の代替手段として考えるなら

ビットコインは発行枚数が限られていることから、金と比較されることが多く

デジタルゴールドともいわれています。しかも直接決済に使えるので、金よりも便利。

こちらも計算してみましょう。

金の総重量は約17万トン、価格は5,000円/gとします。

金の時価総額の50%がビットコインに流れるとすると、

170,000t×5,000円×50%÷2,100万枚=400万円

 

他にも株式市場に置き換えて考えてみるなど、いろいろな考え方により

業界の著名な方々がビットコインの価格予想を出しています。

しかし、これらの予想はいずれも

「どこでもどこへでも」「短時間で」「安い手数料で」送金できる

ということが満たされていることが前提です。

そしてこれはビットコイン誕生から9年間破られていません。

この3つの大前提が破られない限り今後もビットコインの価格は上昇を続けていくでしょう。

まとめ

メディアではあまり報道されないようなビットコインの目的、それを実現するブロックチェーンの仕組みについて

簡単に紹介させていただきました。

これらを知っておくことでニュースの見方も変わると思います。

この記事が皆様の仮想通貨ライフのきっかけになればと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です